チアシードのオメガ3脂肪酸

チアシードは「人の生連続にはチアシードと水があれば足りる」という諺で表されるように、養分の金鉱であり、デパート食品の1つに数えられていらっしゃる。

用具体系に見ていくと、主な養分として無理強い脂肪酸(体内で生まれず、食カタチから摂取しなければならない)のオメガ3脂肪酸があげられます。

これは体のスペックを正常化するといわれ、脳を活性化するドコサヘキサエン酸、血圧や中性脂肪を下げ、サラサラの血液を生み出すエイコサペンタエン酸、アレルギーの制圧、血行刷新や血栓、年齢の阻止、うつ不具合を軽減するαリノレン酸といった養分が含まれています。

人類世の中人に不足しがちなオメガ3脂肪酸の厚生労働省が推奨する1日の取り入れ据置は夫2.1~2.4g、女性1.8~2.1g(自由)となっています。チアシードは大さじ1(12g中)で2.14gも含まれています。少し大さじ1オーバーで1日のバックアップ用量がクリアできるのです。

デパート食品 チアシードの無理強いアミノ酸

グングンチアシードはたんぱく質、ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛など)、ビタミンB、食物繊維、なども豊富に含んでいらっしゃる。

体内で合成する事の出来ない無理強いアミノ酸は9種類あり、1種類でも不足すると体内細胞の配合に困難を来します。

チアシードの中には、8種類手法無理強いアミノ酸が含まれています。これは植物性淡泊草分けとして神業とも言われ、野放しではトップクラスの内包量になっています。コチラ